関係書目

        私たちキリスト者にとって、 “聖書を学ぶこと”  と  “ミサ典礼(礼拝)”  とは、決して切り離すことが出来ません。 残念なことに、カトリックでもプロテスタントでも、一般の信者はもちろんのこと、司祭や牧師たちにさえも、このことへの理解は十分ではないように見受けられます。
        この私の  “聖書の学び”  が、当然の前提としているカトリックの知識は、以下のような書籍によって得ることが出来ます。 真面目な読者の方々に、これらの学習を期待します。

【最も基本的なもの】
        朗読聖書の緒言         カトリック中央協議会発行
        ミサ典礼書の総則と典礼暦年の一般原則         カトリック中央協議会発行
        第二バチカン公会議 公文書全集         サンパウロ発行 1986
        第二バチカン公会議公文書 改訂公式訳     カトリック中央協議会発行 2013

【ミサ典礼の理解(信者向け)】
        ミサ  きのう  きょう         ピエール・ジュネル著         ドン・ボスコ社発行 1988
        ミサがわかる         圡屋吉正著         オリエンス宗教研究所発行 1989
        ミサを祝う         国井健宏著         オリエンス宗教研究所発行 2009

【ミサ典礼の理解(上級者向け)】
        典礼の刷新         土屋吉正著         オリエンス宗教研究所発行 1985
        ミ  サ         J.A.ユンクマン著         オリエンス宗教研究所発行 1992
        典礼の精神         ヨセフ・ラッツィンガー著         サンパウロ発行 2004

【背 景 理 解】
        第二バチカン公会議 その今日的意味         G.アルベリーゴ著         教文館発行 2007
        Vatican II   Renewal within Tradition         OXFORD UNIVERSIRY PRESS 2008

 
PDF版 は =>