お知らせ❷


    ほぼ半年間の闘病でしたが、思いがけず命拾いしてしまいました。  もうしばらく私が自分の専門である聖書神学を通して教会に奉仕する時間を、主が与えてくださったのだと感謝しています。  そこで新しく ●聖書講義● を掲載することにしました。  普通一般の信者が、自ら聖書に親しんでその信仰を養うのに役に立つような、そのような 「入門的な聖書講義」 を提供したいと考えています。

    聖書を読むのはそんなにたいへんなことではなく、日常的に新聞や週刊誌を読んでいるレベルの方であれば、一年もあれば全体を通読できます。  大切なことは、繰り返し素読することであって、“以前に一部分だけ読んだことがある” などというのは何の役にも立ちません。  ネットの世界で見かける、さも偉そうに講釈などしている論客は、実際には聖書を日常的に通読などしていない人たちです。  「主はその聖なる神殿におられる。  全地よ、その前に口をつぐめ。」(ハバ2:20) 本当に聖書を自分で読んで、聖書の神学に触れるようになった人は、主の御前に次第に沈黙するようになるものです。

    現行の日本語聖書として主なものは 「新共同訳」 と 「フランシスコ会訳」 の二つですが、そんなに大きな訳文の違いはありません。  ただ後者には、聖書各巻の初めに簡単な解説がついているので、これから新しく購入する人にはオススメです。

2015年 7月  桑  栄 一

目次へ =>