第266代目ローマ教皇にベルゴリオ枢機卿、教皇名はフランシスコ
    【バチカン放送局   2013. 3.13】
    新教皇は次のように第一声を述べた。
    「兄弟姉妹の皆さん、こんばんは。
    皆さんもご存知のように、コンクラーベの義務はローマ司教(教皇)を選ぶことです。 わたしの兄弟なる枢機卿たちは、その教皇を世界の果てまで探しに行ったようです。 しかし、わたしたちはここにいます。 皆さんの歓迎に感謝します。 ローマ教区の共同体、ありがとう。」

    新教皇は、人々の歓迎に感謝を表し、何よりも先に前教皇ベネディクト16世のために祈りたいと述べ、皆と共に 「主の祈り」 「天使祝詞」 「栄光唱」 を唱えた。

    続いて新教皇は次のように話した。
    「これから司教と民の、愛のうちにすべての教会をまとめるこのローマの教会の歩みを始めましょう。 それは兄弟愛と相互信頼の歩みです。 いつもわたしたちのため、互いのために祈りましょう。 全世界のために祈りましょう。 そこに大きな兄弟愛がありますように。」
    「今日からわたしたちが始めるこの教会の歩み、わたしを補佐するのは、ここにおいでのローマ教区教皇代理司教の枢機卿ですが、この歩みがこの大変美しい街の福音に実りをもたらすよう願っています。」
    「今から祝福をおくりたく思いますが、その前に皆さんにお願いがあります。 司教が民を祝福する前に、主がわたしを祝福してくださるように皆さんが祈ってください。 それは司教の祝福を願う民の祈りです。 沈黙のうちにわたしに対するこの祈りをしてください。」
    そして、教皇フランシスコは、 「これから、皆さんと全世界、すべての善意の人々に祝福をおくります」 と述べ、教皇として最初の 「ウルビ・エト・オルビ」(ローマと世界に向けた教皇祝福)をおくった。

    ********

    新教皇フランシスコ(本名:ホルヘ・マリオ・ベルゴリオ)は、ブエノスアイレス大司教、イエズス会士。
    1936年12月17日、ブエノスアイレスの生まれ。 1958年、イエズス会入会。 1969年、司祭叙階。 1992年、ブエノスアイレス補佐司教。 1997年、同協働司教。 1998年、同大司教。 2001年、教皇ヨハネ・パウロ2世によって枢機卿に任命された。


 <= 目次へ
コンクラーベ終了ミサでの説教 =>