カーネギー・ホール

1947年の米国映画 “Carnegie Hall ” の紹介を作ってみました。

    ウィキペディアの解説 「カーネギー・ホール」
    ウィキペディアの解説 「カーネギー・ホール (映画)」




  物語の始まり。 チャイコフスキーのピアノ協奏曲練習風景。 代理ピアニストのサレルノが指揮者と衝突する。
  掃除婦ノラが幼少の頃に、このホールでチャイコフスキー自らが指揮するピアノ協奏曲を鑑賞させてもらった思い出の場面。
  息子に父親と同じ名前トニーを与えて、将来を夢見てピアノの練習に励ませながら、ホールでの名演の数々を鑑賞させる。



Lily Pons (ソプラノ)
Artur Rubinstein (ピアノ)
Jascha Heifetz (バイオリン)